フロアーコーティングの間違った解釈

01. 硬ければ良いというものではない。

コーティングはよく「硬さ」で表現され、硬ければ良いと思われていませんか?
実際に鉛筆硬度で6H・9Hという硬いコーティング剤を見かけますが、確かに硬いほど強度がありますが、その反面コーティングそのものが割れてしまったり、床材が反ってしまったり弱点もあります。

ガラスのように硬い塗膜をフローリングのように柔軟性のあるものに塗るという事は、「マットレスの上にガラスを置いているようなもの」なので当然割れてしまいます。
このように施工する場所や素材によって適切なコーティング剤を選ぶのが大切なポイントです!

 

02. 掃除をしなくてよい訳ではない。

よくお客様に「コーティングすると掃除しなくても良いんでしょ!」と聞かれる事がありますが、それは全く間違った解釈です。 掃除をしなければホコリや髪の毛などの異物を常に踏み続けている事になるので細かいミクロのキズをつけてしまい結果的に光沢が無くなるのが早くなります。

掃除(特に水拭き)をまめにされる方が光沢は長持ちします。

 

03. 10年間光沢が落ちない訳ではない。

よく「10年保証」とか「20年コーティング」という言葉を見かけますが、10年以上の保護効果や剥がれた場合の保障をしているだけで、10年間光り続けている訳ではありません。 お客様の住まわれている環境やお手入れ方法によって光沢の持ちは変わります。

「光沢が落ちる」=「コーティングが無くなっている」というのは全く間違った解釈です。
施工するコーティングの種類によってリコート(再塗布)のサイクルは変わりますので施工会社に事前に聞かれる事をお勧め致します。

 

04. 防水処理している訳ではない。

フロアーコーティングは水で溶けたり剥がれたりしませんがフロアを防水処理している訳ではありません。 フローリングの表面をコーティングしていますが継ぎ目から水は吸収してしまいます。

いくら水に強いコーティングであっても大量の水をこぼして数時間放置するとフローリングそのものを傷めてしまいます。

 

05. UVコーティングとは紫外線をカットしている訳ではない。

UVコーティングはUV(紫外線)を照射する事で瞬時に硬化するコーティング剤の事で部屋の紫外線をカットしている訳ではありません。

ですからUVコーティングでフローリングの日焼けを防止する事は出来ません。

 

 

フロアコーティング メニュー一覧


THE職人施工!UVフロアコーティング


私たちのフロアコーティング


フロアーコーティングをお勧めする理由


フロアーコーティングの間違った解釈


施工前にご訪問して説明と見積もりをする理由


抗菌UVコーティング「ウィナップSAXコート」


超耐久UVコーティング「ウィナップVCBコート」


施工価格


ご相談から施工完了までの流れ


施工当日の作業工程


コーティングのお手入れ方法

 

お問い合わせ

© 2020 株式会社ケアマスター